100名城スタンプ

23小田原城
(2015/3/17 押印)

基本情報

別名
なし

城郭構造

平山城

時代
戦国時代~江戸時代

築城主
大森頼春

築城年
応永24年(1417年)

主な城主
大森氏、小田原北条氏、大久保氏、稲葉氏

天守
層塔型
三重四階
鉄筋コンクリート造(復興)

100名城スタンプ設置場所
天守閣1階

その他のスタンプ

小田原城
(2015/3/17 押印)

どたんメモ


小田原北条氏の拠点であった小田原城は、3代当主北条氏康の時代には上杉謙信や武田信玄の攻撃に耐え、難攻不落の城といわれました。


その後、豊臣秀吉の来襲に備えて、小田原の城下町全体を取り囲むように総延長9kmの土塁や空堀を築き上げました。


北条氏没後は、徳川の譜代大名であった大久保氏や稲葉氏らが城主となり整備。
最終的に明治4年(1871年)に廃城し解体されました。


現在の天守は、昭和35年(1960年)に復興されたものです。
東京から割とすぐ行け、駅からも歩ける距離にあるお城です。


20150317_043301
昭和に入って復興された天守。


20150317_042100
スタンプの図柄にもある、銅門(あかがねもん)。こちらも復元。
よく見ると、門扉に銅板が張り付いてるのが分かります。


20150317_043500
天守には横から入るシステムでした。


20150317_051300
最上階からの眺め。
高いところにありますね。海も見えます。




関連する記事・スタンプ

▼最寄り駅




▼その他